• NEXT T.C.

【台湾新型コロナ状況⑥】すべての外国からの入境を禁止した、感染拡大防止への台湾の本気

3月18日、台湾政府はすべての外国人旅行客の入国と、台湾人の出国を禁じた。期限は決まっていない。前日17日に、日本を含む23の国と地域の渡航注意情報をレベル3の「警戒」に引き上げたばかりだった。

貿易、外交、商業、重要な建設業務などは今回の措置には該当しない。


新型コロナウイルスに対して早い段階から細かく対応し、感染者数も1日1~2名かゼロの日もあった台湾だが、15日からの3日間だけで感染者が24名と急増した(3月17日現在、感染者計77名。うち死亡者1名)。これらはみな旅行などで海外に滞在し、過去2週間以内に帰国したという経緯がある。渡航制限を強化することで台湾人の旅行意欲を抑えこみ、感染拡大を防止する狙いと思われる。


これにより、台湾政府は3月19日より台湾入境者は14日の自宅・滞在先待機、及び外出を禁止。もし検疫措置に違反した場合は、最高100万元(約350万円)の罰金を科し、名前を公表するとしている。そして日本に対してはこれまで実施されていた90日間のノービザでの入国が停止となり、訪台の場合はビザの取得が必要となる。


こうした状況を受け、タイガーエア台湾では成田便、関西便を減便し週2便で運航。3月18日の福岡、沖縄便のほかは、4月末までの日台間のフライトが全便キャンセルとなった。

喜鴻旅行社は4月末までの国外ツアーを、可樂(コーラ)旅行社も同じく4月末までのレベル3指定国へのツアーをすべて催行中止とすることを発表した。

これらとは別の動きで、3月15日にエバー航空ではチャイナエアラインに続き、無給休暇の取得推進を内部で告知した。

その他7月半ばの夏季休暇開始まで、高校以下の教職員、学生の出国も禁止となっており、教育旅行にもかなり影響が及ぶと思われる。


文:JTアライアンス・インバウンド大学@台湾編集部


ネクスト・ツーリズム・コンサルティング

華旭顧問股份有限公司

台灣台北市中山區建國北路一段90號10F-2

Email:info@jinns.com.tw

Tel:+886-2-2515-2999 内線252, 253(日本語専用)

Fax:+886-2-2516-0755

Copyright © 2020 Next Tourism Consulting Co.,Ltd All Rights Reserved.