• NEXT T.C.

日本が台湾など5か国とビジネス往来再開へ 台湾外交部も歓迎の意

日本の外務省は9月1日、台湾やマレーシアなど5か国を対象に、「レジデンストラック」を開始すると発表した。短期商用及び一定の在留資格所有者(駐在員など)が対象で、追加的防疫措置を講じることで入国拒否の例外になる。台湾外交部(外務省)も同日、記者会見で歓迎の意を表した。


▲台湾外交部本庁ビル

8日から「レジデンストラック」が開始されるのは、台湾、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマーの5か国。タイとベトナムについては、7月下旬からすでに実施されている。

日本政府は7月22日に、台湾と出入国制限の緩和について交渉に入ると発表。台湾外交部の報道官によると、その後、日台双方で緊密な協議が展開され、順調に合意に至ったという。報道官はまた、「台湾の防疫が成果を出していることについて、日本がしっかり評価していることのあらわれ」と話し、日台間におけるビジネス上の往来が再開されたことに対し、歓迎の意を表した。

台湾人がビジネス目的で日本に渡航する場合、必要な条件及び流れは以下の通り。

1. 日本台湾交流協会でビザを申請

2. 航空機搭乗前72時間以内にPCR検査を実施し、その陰性証明を提出

3. 日本に到着後、空港でPCR検査を実施

4. 入国後は、自宅もしくは指定の機構で14日間待機

ネクスト・ツーリズム・コンサルティング

華旭顧問股份有限公司

台北市信義區東興路59號9樓

Email:info@jinns.com.tw

Tel:+886-2-2515-2999 内線252, 253(日本語専用)

Fax:+886-2-2516-0755

Copyright © 2020 Next Tourism Consulting Co.,Ltd All Rights Reserved.